奈良県宇陀市の葬儀・葬式は天葬祭「セレモニーホール天」

葬儀の流れ

葬儀の流れをご紹介いたします。

  1. ①ご逝去(ご臨終)

    主な親戚に連絡します。「死亡診断書」を受け取ります。
    ご遺体の搬送を依頼します。

  2. ②ご安置

    故人をご安置し、お参りができるように枕飾りを準備します。

  3. ③通夜・告別式の準備

    供花・供物等の発注、料理・礼服の発注祭壇・式場の飾りつけなど葬儀の打ち合わせいたします。

  4. ④納棺

    ご遺体を清め旅支度を整えお棺にご遺体を納めます。

  5. ⑤通夜・告別式

    葬儀社との事前の打合せ、ご住職のご意向によるスケジュールに従い通夜・告別式を進めてまいります。

  6. ⑥出棺・お骨迎え

    火葬後、「火葬(埋葬)許可証」を受け取り、骨壷とともに大切に保管してください。

  7. ⑦挨拶回り

    葬儀でお世話になった近所の方、町内会役員、世話役、会の方などには、
    喪主自身がお礼の挨拶に出向きます。

  8. ⑧初七日

    初七日法要は、亡くなった日を含め7日目に行います。

  9. ⑨各種礼状

    葬儀に参列していただいた方にお礼を申し上げます。

  10. ⑩忌明け法要・四十九日

    忌中とは、仏式では「四十九日」の忌明けまでを言います。通常はこの四十九日以内に法要を行います。それまでの白木のご位牌は、四十九日以降は「本位牌」となり、法要時に魂入して仏壇にお納めします。葬儀に参列していただいた方にお礼を申し上げます。